読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ええいままよ

大学やめたい

ただいま、からあげ

7時すぎごろ起きる。


テレビをつけるとオリンピックの競泳をしていたので見た。


朝ごはんを買いにパン屋に歩いて行く。


ベーカリー燈でクリームパンとチョコスコーンと抹茶とホワイトチョコのベーグルとあともう1つ忘れたけどしょっぱい系のパンを買う。


それらを置くためホテルに戻る。


フロアについたものの、部屋の行き方を忘れる。


こっちかな?と行ってみると行き止まりで、どうやら反対方向に向かっていたらしい。


部屋に買ったパンを置いて、商店街へ向かう。


商店街のスーパーで水と牛乳を買う。


ホテルへと戻る。


また部屋と反対方向に向かってしまう。


掃除のお姉さんに笑いながら指摘される。


さっき間違えたのを見られていたらしい。


部屋にもどってパンを食べる。うまい。


チェックアウトして、早めにホテルを出た。


駅に着いたが何もすることがないので、ぶらぶらと歩き回る。


ドトールに入って、ムダに高いチョコレートの飲み物を頼んだ。


あまりおいしくない。


ドトールを後にし、駅の改札の入り口で電光掲示板に乗る新幹線の名前が出るのを待った。


通りすがりのおじさんに胸をじろじろ見られた。


私は、男はちんこをじっと見られたら嫌な思いをするのかな、などと考えていた。


名前が表示されたので改札を通ってのりばに行く。


のりばからの眺め。


f:id:eei_mamayo:20161112213547j:plain


別の新幹線が止まる。そこに乗っていた乗務員の男性と目があう。


新幹線も私も動かない。少し気まずい。


新幹線が発車する前、また目があったので少しニヤリとしてみせた。


私の乗るみずほが来たので乗り込む。


席は通路側。すぐに新大阪に着く。


降りると、むわーっとした空気で満ちていた。


行きのときは不安だった新大阪での乗り換えだが、帰りは余裕をもってできた。


また新幹線に乗る。


本を読んだり音楽を聴いたりした。


15時過ぎに駅に到着。


母に連絡しようとするも電波が悪くラインできない。


母の姿を発見し、そのまま車に乗って帰る。


途中8番ラーメンに寄ってもらいからあげを買う。


f:id:eei_mamayo:20161112220830j:plain


私はからあげを食べながら、ぜんぜんホームシックになっていなかったことに気づく。


今度はもっと涼しい時期に行きたいなと思う。


今回食べれられなかった豚まんととりそばと母恵夢とあん食を絶対食べる。



おわり