読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ええいままよ

大学やめたい

ちょっとだけつらい

どうも、19歳になりたてほやほやの瑛子です。


今日の夜ご飯はビーフシチューとサラダとキウイとフランスパン(バターつけたり生ハムとチーズのっけたり)でした。


母がケーキを買ってきていて、昼にガトーショコラ(ミニサイズ)1/4とシュークリームを食べました。
夜はお腹いっぱいで食べれなかった…。


おいしいものたくさん食べてハッピー!て感じでシメたかった、んで、す、けど…







友人からおめでとうとラインこないのが地味につらい〜!!!


私には唯一連絡を取り合っている友人が一人いるんですが、その友人とは頻繁にやりとりするわけじゃないし、さっき確認したら最後にラインしたのは彼女の誕生日(9月)でした。そういえば、あけおめってラインするのも忘れてた。


これはまあ、仕方のないことなのですよね。


大学に入れば中学高校の友達とは疎遠になっていくのは自然なことで、だんだんとラインのトークの名前が下に下にさがってゆけば思い出すこともなくなって、たまにラインしても前みたいにキャッキャできなくて、なんだか会話がうまく噛み合わなくて適当にスタンプで打ち切っちゃう、みたいな。


よほど仲良くない限り、友達って一緒の時間を共有してないと成り立たないんじゃないかな、って思います。


話がそれた。まあ、とにかくちょっとショックだったんです、いろいろわかってるけど。


私も大学に入ったら中高の友達の誕生日なんてすっかり忘れてしまうと思うし、そしてその友達のこと自体もだんだんと忘れていってしまうと思う。


ずっと同じ熱量でおめでとうとは言えないし、それもいつかはぷつんと途切れてしまう。


ラインのアイコンで彼氏ができたことを知って、ラインのひとことで別れたことを知る。聞きたいような、でも中途半端でフワフワしたラインのやりとりはちょっと面倒かな、ああ、高校の頃みたいにたくさん絵文字を使って草を生やしてスタンプ連打して、ムダにテンションの高いやりとりができればいいんだけどね。もうそういうのは終わり。




母親とは冷戦状態なのでおめでとうと言われないのは別に気にならないんですけどね、なんかね〜、友達には言われたかったのかな。


すみません、ナイーブ&ネガティブな女なんでこういう小さいことをうじうじ考えちゃって。


でも、いいこともあって今日ツイッター(2つのアカウントのうちのひとつ)で相互フォローの方におめでとうってリプライもらってすごく嬉しかった。嬉しすぎて小躍りしました、ホントに。


私には積読本もあるし、たまった映画もあるし、冷凍庫にはアイスもあるし、冷蔵庫にはガトーショコラとフルーツケーキがあるし、おめでとうと言われなくても充分幸せじゃないか。そうだ。


もう14日になってしまった。さよなら誕生日、こんにちはハッピーバレンタイン!